■〈100年のあかし〉英語版ができました!

2019年4月発行、28P
特別価格500円で販売しています。

   『100Years of History』

・The First Generation of Koreans in Imperial Japan
・Independence, Social, and Labor Movements
・Leading the Social and Labor Movements
・The Great Kanto Earthquake Korean Massacre
・Surviving in Japan
・Daily Life Before Liberation
・Forced Mobilization
・The Insanity of Education for Molding Loyal Imperial Subjects
・The Great Joy of Liberation and Return
・Korean Ethnic Pride
・Ethnic Education
・Control and Oppression
・Unemployment, Poverty, and Life at the Bottom of Society
・Repatriation to North Korea
・Calls for the End of Discrimination
・The Anti-Fingerprinting Campaign
・Zainichi Koreans Active in Japanese Society
・Cultures and Customs Passed on from Generation to Generation
・Family Portraits


■2・8独立宣言、3・1独立運動■
100周年記念特別展

2・8独立運動と3・1運動


*3・1独立万歳を叫ぶ群衆

2019年2月2日~6月29日(土)
会 場:在日韓人歴史資料館 企画展示室
入 場:無 料(常設展は有料)


    プロローグ
     2・8独立運動
    東京朝鮮留学生学友会の組織と活動 
    2・8独立宣言
    2・8独立運動の日本国内での拡散とその影響
    3・1運動の展開と拡散
    日本軍による3・1運動弾圧
    3・1運動の意味
    エピローグ

 

【重要】閉館時間変更のお知らせ
2017年6月1日より下記のとおり変更いたします。
変更前 10:00~18:00(入館は17:30)
変更後 10:00~17:30(入館は17時)
休館日の変更はございません。

土曜セミナーのご案内

◇第117回セミナー

 優越感・差別感は歴史の無知から
近代日本と韓国・朝鮮-その歴史から考える

概要→
日   時:2019年 511日(土) 13時~15
講   師:中塚 明(奈良女子大学名誉教授)
参 加 費:1,000円(会員800円、学生500円)
会   場:資料館セミナー室(3F)

 

◇第118回セミナー

 植民地支配の忘れ方、思い出し方

概要→
日   時:2019年 68日(土) 14時~16
講   師:伊藤智永(毎日新聞編集委員兼論説委員)
参 加 費:1,000円(会員800円、学生500円)
会   場:資料館セミナー室(3F)


事前の申し込みが必要です。当館事務局まで電話・FAX・メールのいずれかでご連絡ください。

TEL : 03-3457-1088
FAX : 03-3454-4926
MAIL : info@j-koreans.org

写真で見る在日百年
 

家族の肖像



図録
図録
100年のあかし
100年のあかし


<講演録> 朝鮮近現代史から 日本を問う
II
(2018年11月発行)

1. 近代日本人のアジア観
- 津田左右吉の中国・朝鮮観を中心に -
  李成市(早稲田大学)
2.東アジアの地域共同体構想をあらためて考える
~ 安重根の「東洋平和論」を手がかりに ~
  小川原宏幸(同志社大学)
3.帝国日本の植民地支配と韓国鉄道
  鄭在貞(ソウル市立大学名誉教授)
4.なぜ在日朝鮮人一世たちは文字が読めなかったのか
- ジェンダーの視点からみる植民地教育 -

  金富子(東京外国語大学)
5.在日朝鮮人と治安維持法
  水野直樹(京都大学名誉教授)

*定価1,000円(税込)、当館にて絶賛発売中!


<講演録> 朝鮮近現代史から 日本を問う

(2015年4月発行)
図録

抗日・東学農民戦争、隠蔽された殲滅作戦
― 日清戦争120周年にあたって―
 井上勝生(北海道大学名誉教授)

明成皇后殺害について
 金文子(『日露戦争と大韓帝国』著者)

司馬遼太郎の朝鮮観・『坂の上の雲』に思う 
中塚明(奈良女子大学名誉教授)

日韓関係からみた関東大震災朝鮮人虐殺
― 一国史を超えて― 
姜徳相(滋賀県立大学名誉教授)

「戦争」の視点から日本と朝鮮半島の関係を考える
愼蒼宇(法政大学)

*販売は終了しました。