在日韓人歴史資料館第15回企画展

趙根在が撮ったハンセン病の同胞たち

槿友会の仲秋の宴(長島愛生園、1970年)

1960年代~80年代にかけて全国のハンセン病療養所10ヶ所に通い、入所者を撮り続けた趙根在(チョウ・グンジェ)氏。
今回の企画展では趙根在の2万点にも及ぶ写真の中から、二重三重の差別の中に置かれていたハンセン病の同胞たちの知られざる姿を紹介します。

2016年11月29日~2017年2月25日

会  場 : 在日韓人歴史資料館 企画展示室
開館時間 : 10:00~18:00(入館は17:30まで)
入 館 料 : 無 料(常設展示室は有料)
休 館 日 : 日曜・月曜日・年末年始(12月28~1月4日)
協  力 : 国立ハンセン病資料館

土曜セミナーのご案内

  第100回セミナー記念 シンポジウム
『在日韓人歴史資料館のいま、そしてこれから』

基調講演:君塚仁彦(東京学芸大学教授)
「記憶の場」 としての在日韓人歴史資料館の可能性と課題

報  告
鄭在貞(ソウル市立大学教授)
久留島 浩(国立歴史民俗博物館館長)
宋連玉(青山学院大学名誉教授)
朴 一(当館理事、大阪市立大学教授) 

総合討論  
司   会  宋連玉(青山学院大学名誉教授)
パネリスト  姜允模(在外同胞財団派遣駐在官) 
     鄭在貞 久留島浩 君塚仁彦  朴一

日 時 : 2016年 12月 3日 13時~18時
会 場 : 在日韓人歴史資料館(民団8Fホール)

*参加無料・事前予約制(定員120名)
*シンポジウムのプログラムに変更がある場合があります。

プログラム→

チラシ→

*事前の申し込みが必要です。当館事務局まで電話・FAX・メールのいずれかでご連絡ください。

TEL : 03-3457-1088
FAX : 03-3454-4926
MAIL : info@j-koreans.org

写真で見る在日百年
 

家族の肖像



図録
図録
100年のあかし
100年のあかし


<講演録> 朝鮮近現代史から 日本を問う

図録

抗日・東学農民戦争、隠蔽された殲滅作戦
― 日清戦争120周年にあたって― (井上勝生)

明成皇后殺害について (金文子)

司馬遼太郎の朝鮮観・『坂の上の雲』に思う (中塚明)

日韓関係からみた関東大震災朝鮮人虐殺
― 一国史を超えて― (姜徳相)

「戦争」の視点から日本と朝鮮半島の関係を考える
(愼蒼宇)