展示品解説 展示品解説 < 東京大空襲の罹災証明書
展示品解説
お札に表れた侵略性
祖母の手作りミョンベ
生活必需品のヨガン
思い出のソクパジ
本名消された通信簿
東京大空襲の罹災証明書
旅行カバン
手作り太極旗
大阪府朝鮮人登録証
防犯ポスター
協和会手帳と外国人登録証
60年前の建国学校
阪神教育闘争
在日コリアンとパチンコ業
1960年代のバタヤ部落
金文善さんの血書
ブラウン島玉砕者名簿と自由韓人報
戦犯刑務所で使われたタオル
傷痍軍人
崔承喜と孫基禎
映画「君と僕」
幸せ運ぶコッカマ(花輿)
朝鮮トラ

東京大空襲の罹災証明書

1945年3月10日の東京大空襲では死者10万人、負傷者11万人、罹災者100万人に達した。当時、東京に9万7千人が住んでいたとされる朝鮮人の場合、犠牲者の数はもちろん、その被災の実態すら分からない。
忠清北道出身の南漢吉氏(1911年~1976年)は、1943年7月に村の青年30数人と共に強制動員され東京の日本通運で働いていたときに大空襲にあった。
南漢吉氏は奇跡的に生き残ったが同僚25人が死亡した。
解放後、南さんは故郷へは帰らなかった。「犠牲になった仲間の親に会うことは出来ない」と、日本に残ったという。