展示品解説 展示品解説 < 金文善氏の血書
展示品解説
お札に表れた侵略性
祖母の手作りミョンベ
生活必需品のヨガン
思い出のソクパジ
本名消された通信簿
東京大空襲の罹災証明書
旅行カバン
手作り太極旗
大阪府朝鮮人登録証
防犯ポスター
協和会手帳と外国人登録証
60年前の建国学校
阪神教育闘争
在日コリアンとパチンコ業
1960年代のバタヤ部落
金文善さんの血書
ブラウン島玉砕者名簿と自由韓人報
戦犯刑務所で使われたタオル
傷痍軍人
崔承喜と孫基禎
映画「君と僕」
幸せ運ぶコッカマ(花輿)
朝鮮トラ

金文善氏の血書

故金文善氏(1925~没年不詳)が書いた血書は1986年10月に韓国の全斗煥大統領に宛てたものである。血書とは強い意志を示すため自分の血で書いた書状のことである。
書状は二つの意味を持つ。一つは解放後在日同胞に課せられた「犬の鑑札」にも等しい「外国人登録証」に義務付けられた指紋押捺の不当性を告発し、国民を保護する義務を持つ大統領にこの人権侵害を直訴したことであり、もう一つはこの制度に対する在日の鬱積した怒りを金さんが代弁していることである。
ある詩人はその怒りを「黒いインクが/身体中の繊毛に滲みていくようだ」とうたった。
押捺は14歳から義務付けられたが、1982年に16歳に変更された。子どもは指紋を採られる役所の窓口で日本国をどう思ったであろうか。在日の人権はかくも軽きものであった。