展示品解説 展示品解説 < 崔承喜と孫基禎
展示品解説
お札に表れた侵略性
祖母の手作りミョンベ
生活必需品のヨガン
思い出のソクパジ
本名消された通信簿
東京大空襲の罹災証明書
旅行カバン
手作り太極旗
大阪府朝鮮人登録証
防犯ポスター
協和会手帳と外国人登録証
60年前の建国学校
阪神教育闘争
在日コリアンとパチンコ業
1960年代のバタヤ部落
金文善さんの血書
ブラウン島玉砕者名簿と自由韓人報
戦犯刑務所で使われたタオル
傷痍軍人
崔承喜と孫基禎
映画「君と僕」
幸せ運ぶコッカマ(花輿)
朝鮮トラ

崔承喜と孫基禎

崔承喜、孫基禎の明月館での出会いの写真である。
崔承喜は戦前、朝鮮・日本はもとより欧米・中国を舞台に活躍した舞踊家で、その踊りは多くの人々を魅了した。川端康成は「女流新進舞踊家の日本一は誰かと聞かれ、洋舞では崔承喜であろうと私は答えておいた……私にそうさせるものを、崔承喜は疑いもなく持っている……彼女の踊りの大きさである。力である。それに踊りざかりの年令である。また彼女一人にいちじるしい民族の匂いである。」(「文芸」1934年)と評した。「彼女一人にいちじるしい民族の匂い」といった川端の指摘はさすがに鋭く適切である。
日本人を括目させたもうひとりに、ベルリンオリンピック、マラソン優勝者孫基禎がいる。二人の出会いを設定した人が呂運亨、宋鎮禹である。まさしく民族の匂いを感じる事が出来る。
崔承喜の夫・安漠(早大露文卒)は要視察人に指定され、その動向は常に監視されていた。孫基禎氏も優勝したが故に要視察人となった。明大留学の条件はマラソンをやめると誓約することであった。ともに独立を失った時代の民族の悲しみである。