展示品解説 展示品解説 < 戦犯刑務所で使われたタオル
展示品解説
お札に表れた侵略性
祖母の手作りミョンベ
生活必需品のヨガン
思い出のソクパジ
本名消された通信簿
東京大空襲の罹災証明書
旅行カバン
手作り太極旗
大阪府朝鮮人登録証
防犯ポスター
協和会手帳と外国人登録証
60年前の建国学校
阪神教育闘争
在日コリアンとパチンコ業
1960年代のバタヤ部落
金文善さんの血書
ブラウン島玉砕者名簿と自由韓人報
戦犯刑務所で使われたタオル
傷痍軍人
崔承喜と孫基禎
映画「君と僕」
幸せ運ぶコッカマ(花輿)
朝鮮トラ

戦犯刑務所で使われたタオル

このタオルはジャワの俘虜監視所に配置され、1946年の英国による戦犯裁判で懲役10年の有期刑判決を受けた金完根(1922年~2012年)さんのものである。金さんはシンガポールのチャンギー刑務所にはじまり、オートラム刑務所を経て、スガモプリズンを1952年に仮釈放された。
「L508」はオートラムでの囚人番号で、獄中でこのタオルを使用していた。金さんはほころびをなんどもつくろいながら、釈放後もこのタオルを大切に保管してきた。
日本政府は、旧軍人・軍属及びその遺族に対する補償等の諸措置を成立・実行させていったが、1952年のサンフランシスコ講和条約による日本国籍喪失を理由に、韓国・朝鮮人「戦犯」らを同措置から除外し、釈放後はまさに身一つで異国に放り出した。
援護・補償からは一切排除され、また、祖国から、そして在日同胞からも「対日協力者」「親日派」の汚名のもとに切り棄てられた元「戦犯」たちの、戦後60年もの苦悩はどれほど深いものであったろうか。
彼らは、まさに孤立無援のなか「同進会」という互助組織をつくり、日本政府に対し、謝罪と補償を求めて必死の闘いを展開してきた。