展示品解説 展示品解説 < 1960年代のバタヤ部落
展示品解説
お札に表れた侵略性
祖母の手作りミョンベ
生活必需品のヨガン
思い出のソクパジ
本名消された通信簿
東京大空襲の罹災証明書
旅行カバン
手作り太極旗
大阪府朝鮮人登録証
防犯ポスター
協和会手帳と外国人登録証
60年前の建国学校
阪神教育闘争
在日コリアンとパチンコ業
1960年代のバタヤ部落
金文善さんの血書
ブラウン島玉砕者名簿と自由韓人報
戦犯刑務所で使われたタオル
傷痍軍人
崔承喜と孫基禎
映画「君と僕」
幸せ運ぶコッカマ(花輿)
朝鮮トラ

1960年代のバタヤ部落

植民地時代から解放直後の在日韓人の都市及びその近郊での代表的な職業のひとつは廃品回収業であった。いまふうに「リサイクル」と言えば聞こえがよいが、籠を背負うか、リアカーを引いて「くずーぃ、おはらい」と言いながらボロ切れ、紙くず、古新聞、鉄くずなどを集める仕事だった。
別名ボロ屋、ばた屋(バタヤ)と呼ばれ、「汚い」、「臭い」と不潔の代名詞であった。日本人が嫌った仕事だけに朝鮮人が多かったのだ。
解放直後だけでなく 1950年代から60年代、70年代と在日同胞の多くはボロ屋、バタヤ、くず鉄屋などで生計を立てていた。