ようこそ

在日韓人歴史資料館へようこそ

在日韓人歴史資料館は在日コリアンに関する各種資料を収集・整理し、それらを展示・公開することを通じて、在日の歴史を後世に伝えていくために2005年開館しました。
常設展示では1世が日本へ渡航した事情、関東大震災時の受難、強制連行と皇国臣民化教育の強要などの植民地期の歴史をはじめ、解放後の帰国と残留、民族教育のはじまり、差別撤廃と人権擁護運動、各界で活躍する人々など、植民地期から現在に至る在日の歴史と文化を紹介しています。
展示のほか「土曜セミナー」、 図書・映像資料室の各種図書、自叙伝、論文、雑誌、パンフレット、映像資料などを通じて在日100年の歴史をより深く学べることができます。
これらの活動を通して、同胞たちは自らの生活と在日の歴史を重ね合わせて次世代に伝えていく大切さを感じることが出来ると思います。
また多くの日本人は在日コリアンの歴史に触れることにより、日本の社会の中ではなかなか見えにくい「在日」の存在を知り理解を深めていくとともに、隣国との関係を考えるきっかけになると思います。
資料館はこれからも多くの方々に足を運んでいただきたいと思います。皆様のご来館をお待ちしています

館長あいさつ

在日の歴史と文化の発信拠点に

在日韓人歴史資料館   李成市館長

在日韓人歴史資料館は、2005年に設立され、創立12年目を迎えました。この間に全国の在日同胞から資料が寄せられ、それらの公開と展示、さらには土曜セミナーが開催されるなど、在日の歴史と文化の発信の役割をはたしてきました。いまや海外コリアンは、700万とも言われますが、在日コリアンは、歴史的にも特別な意味があります。振り返れば、在日の歴史は古くにさかのぼり、韓国人労働者がはじめて日本にわたってきたのは、1897年頃と言われています。今年は、それから120年を迎えることになります。
この間に、韓国併合・植民地支配の過程で、さまざまな形態で渡日を余儀なくされてきた結果、解放前には200万人を越える同胞が日本にわたり、解放後も60万人の同胞たちが日本社会で生活を営んできました。苦難に満ちた在日の歴史は、まさに近代日本の歴史を映し出す鏡であります。また、同時に現今の世界に目を向けますと、地球上にはさまざま事情で生まれ故郷を離れて海外で生きる人々が多数を占めるにいたっています。私たちはディアスポラ(離散)の時代を生きているとも言えます。在日の歴史は、そのような歴史の中に位置づけることが可能です。
現実の世界を見まわすと多文化の共生は容易ではなく、いたるところで種々の葛藤を引き起こしています。こうした意味で、在日の歴史と文化は、たんに日本社会との関係で生み出された遺産と言うにとどまらず、広く世界につながる共通の資産になりえるものです。在日の歴史と文化には、人類社会の抱える問題を解決するための多くの教訓が刻み込まれているからです。海外コリアン700万人のネットワークの拠点として、さらには、近代社会がもたらした世界中の移民に対する歴史的認識を深化させるための発信拠点として、在日韓人歴史資料館がはたすべき役割はますます大きくなるにちがいありません。
今後も引き続き全国の同胞たちの協力をあおぎながら、充実した展示をめざし、在日の歴史と文化を伝える中核的な役割をはたすことに努めていく所存です。在日コリアンの歴史と文化を後世に伝えていくためには、今なお埋もれたままの資料を発掘し、展示、研究に供することが求められています。在日コリアンをはじめ多くの市民の方々の関心をお寄せ下さりますよう、心よりお願い申し上げます。


〈館長プロフィール〉

李成市(イ・ソンシ) 1952年名古屋市生まれ。1982年早稲田大学大学院博士課程修了。博士(文学)。横浜国立大学教育学部助教授、早稲田大学文学部助教授を経て、現在、早稲田大学文学学術院教授、早稲田大学理事。早稲田大学朝鮮文化研究所所長、財団法人朝鮮奨学会評議員、国際日本文化研究センター運営会議委員、朝鮮史研究会会長、韓国木簡学会会長(韓国)。1998年ソウル大学校韓国文化研究所特別研究員、2009年成均館大学校東アジア学術院客員教授。専攻は朝鮮古代史、植民地朝鮮における史学史。著作に『東アジアの王権と交易』(青木書店、1997年)、『古代東アジアの民族と国家』(岩波書店、1998年)、『創られた古代』(三仁出版、2000年、ソウル)、『古代朝鮮の考古学と歴史』(共編著、雄山閣、2002年)、『植民地近代の視座』(共編著、岩波書店、2004年)、『木簡から古代がみえる』(共著、岩波書店、2010年)、『岩波講座 日本歴史』(共編著、全22巻、2015年)など多数。


在日韓人歴史資料館沿革

2005年11月24日 在日韓人歴史資料館、東京港区に開設。(常設展示室・図書室・セミナー室)
2006年 1月 在日韓人歴史資料館ホームページ開設
2006年 2月 初めての企画展「2・8宣言から3・1独立運動へ」開催
2006年 3月 「土曜セミナー」開始。(毎月第1土曜日)
2007年 5月 第2回企画展「1世たちの戦争−韓国・朝鮮人元BC級戦犯者問題」開催
2007年 6月 常設展示室リニューアルオープン
2008年 1月 第3回企画展 連続写真展「在日・日本で老いて」開催
2008年 7月 第4回企画展 「金鶴泳を知っていますか」開催
2008年 9月 『大阪特別展』開催。(大阪人権博物館)
2008年12月 図録『写真で見る在日コリアンの100年』発行
2009年 9月 第5回企画展「差別と戦った詩人、画家、評論家−呉林俊展」開催
2009年12月 『名古屋特別展』開催。(名古屋市博物館)
2010年 4月 企画展示室開設
2010年 5月 第6回企画展「1円訴訟−名前はチォエ チャンホァ」開催。
2010年 9月 第7回企画展「関東大震災時の朝鮮人虐殺と国家・民衆」開催
2010年10月 「韓国併合」100年・資料館開設5周年記念シンポジウム(大阪)
        「在日コリアンの未来予想図」開催。(大阪国際会議場)
2010年11月 「韓国併合」100年・資料館開設5周年記念シンポジウム(東京)
        「韓国強制併合100年、韓日歴史認識の違い」開催。(YMCAアジア青少年センター)
2010年11月 『福岡特別展』開催。(福岡市博物館)
2011年10月 第8回企画展「林えいだい写真展 軍艦島−朝鮮人強制連行の記憶」開催
2012年 8月 ソウル特別展 『列島の中のアリラン』開催。(ソウル歴史博物館)
2013年 8月 第9回企画展「関東大震災から90年、清算されない過去-写真・絵・本からみる朝鮮人虐殺-」開催
2014年3月  第10回企画展 「置き去りにされた朝鮮人「慰安婦」」
2014年5月  第11回企画展 「安世鴻写真展 重重 中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」」
2014年 7月  ミニ企画 甲午年特集<東学農民革命・日清戦争を考える>錦絵展
       「朝鮮王宮を占領せよ!-すべては景福宮で始まった、「国王とりこ作戦」から日清戦争へ-」
2015年1月 在日韓人歴史資料館10周年記念 呉炳学望百記念展 <海峡をつなぐ民族の色>
2015年2月 ミニ企画 『ポスターにみる民団の歩み』(ロビー)
2015年4月 講演録 『朝鮮近現代史から 日本を問う』 発行
2015年8月 第12回企画展 裵昭写真展 舞踊家金順子 「慰霊の旅・鎮魂の舞」
2015年9月 ミニ企画 『民団創団70周年を向けて』(ロビー)
2015年10月 在日韓人歴史資料館10周年記念 寄贈品展 「ガラクタのなかのお宝」
       開館10周年記念 常設展増設
2015年11月 在日韓人歴史資料館10周年記念 映像上映会 『絞死刑』(監督:大島渚)
2016年 7月 第13回企画展 〈呉徳洙監督をしのぶ写真展〉映画の舞台裏で
2016年 9月 第14回企画展 日本における韓国独立運動と日本人(共催:独立記念館、国家報勲処)
2016年11月 第15回企画展  趙根在が撮ったハンセン病の同胞たち
2016年12月 第100回土曜セミナー記念 シンポジウム  『在日韓人歴史資料館のいま、そしてこれから』
2017年4月 第2代館長就任(李成市・早稲田大教授)