展示品解説 展示品解説 < 本名消された通信簿
展示品解説
お札に表れた侵略性
祖母の手作りミョンベ
生活必需品のヨガン
思い出のソクパジ
本名消された通信簿
東京大空襲の罹災証明書
旅行カバン
手作り太極旗
大阪府朝鮮人登録証
防犯ポスター
協和会手帳と外国人登録証
60年前の建国学校
阪神教育闘争
在日コリアンとパチンコ業
1960年代のバタヤ部落
金文善さんの血書
ブラウン島玉砕者名簿と自由韓人報
戦犯刑務所で使われたタオル
傷痍軍人
崔承喜と孫基禎
映画「君と僕」
幸せ運ぶコッカマ(花輿)
朝鮮トラ

本名を消された通信簿

東京市立稲田尋常高等小学校「昭和十五年度」、第三学年一組に在籍していた李茂炯の一見なんの変哲もないただの通信簿である。 しかし「李茂炯」という朝鮮名が2本の線で消され、その右側に「武田茂」とあるのをみると日帝支配下の創氏改名の史資料となってくる。
「昭和十五年度」といえば、皇紀二千六百年の紀元節を期して「大和大愛の発露」という創氏令の発布された年である。当時の通信簿は3学期にわけていたことから、1学期(4月~7月)は李茂炯名で渡され、2学期(9月~12月)以降武田茂名になったとみられる。
創氏令は2月11日から6ヶ月以内(8月10日)に届出ることが義務づけられていたので、李茂炯名が消されたのは2学期以後のことである。最初は竹田で届出したが、皇族の竹田宮家を僭称するとの理由で不許可、武田になったという。
創氏改名は在日同胞の多くが通名を名乗ることになった歴史的背景の一つである。