催し物 催し物 < 特別展
土曜セミナー
企画展
特別展
大阪特別展
名古屋特別展
福岡特別展
シンポジウム
記念展

特別展

在日韓人歴史資料館開設7周年記念 
ソウル特別展 「列島のなかのアリラン」

2012年8月10日(金)~10月7日(日) 
主 催 : 在日韓人歴史資料館、ソウル歴史博物館、東北アジア歴史財団
後 援 : 新韓銀行、在日本大韓民国民団
場 所 : ソウル歴史博物館 企画展示室

大阪、名古屋、福岡に続く4回目の移動展示。祖国のソウルで在日同胞の100年の歴史と文化を伝える。






展示1  「在日同胞の100年-その生き方と夢」 
展示2  「錦絵にみる近代日本の歪んだ視線」


◇歴史映像シンポジウム 「激動の時代を生き抜いた在日同胞の生き方と夢」
日 時:2012年8月10日(金)10:00~15:30
場 所:ソウル歴史博物館 1F 大講堂

プログラム
10:00~10:20 挨拶 鄭在貞(東北亜歴史財団理事長)・康泓彬(ソウル歴史博物館館長)
           映画紹介 李鍾元(映画評論家)
10:20~12:00 映画上映 『にあんちゃん』(1959年、今村昌平監督、白黒)
13:00~15:30 シンポジウム「激動の時代を生き抜いた在日同胞の生き方と夢」
           司会:尹相仁(漢陽大学教授)

基調講演 「在日の生き方を通して韓日関係の変化を探る」
        李成市(早稲田大学教授、在日韓人歴史資料館理事)
     「私たちの歴史の見直し-在日コリアンの歴史特別展によせて-」
        外村大(東京大学教授)
パネル発表 「棄民と「ボタ山」」  金孝淳(元ハンギョレ新聞大記者)
      「日本人記者が見る在日問題と在日記者の苦悩」 箱田哲也(朝日新聞ソウル支局長)
      「スクリーンで見られる在日韓国人の類型」 金鍾元(韓国芸術総合学校兼任教授、映画評論家)
      「多文化時代に在日同胞の問題を考える」 南相九(東北亜歴史財団研究委員)
討論及び質疑応答

16:00~  特別展「列島の中のアリラン」 開幕式


◇映像上映会 「映画が語る在日同胞」
8月11日(土) 11:00 「ウリハッキョ」 (監督:金明俊、2006年、131分)
8月12日(日) 11:00 「泥の河」 (監督:小栗康平、1981年、105分、白黒)
        14:00 「パッチギ」 (監督:井筒和幸、2004年、118分)
        16:30 「夜を賭けて」 (監督:金守珍、2002年、133分)
8月14日(火) 11:00 「隠された爪跡」 (監督:呉充功、1983年、58分)
            「払い下げられた朝鮮人」 (監督:呉充功、1986年、48分)
8月15日(水) 11:00 「パッチギ」 (監督:井筒和幸、2004年、118分)
        14:00 「にあんちゃん」 (監督:今村昌平、1959年、101分)
8月16日(木) 11:00 「夜を賭けて」 (監督:金守珍、2002年、133分)
        14:00 「泥の河」 (監督:小栗康平、1981年、105分、白黒)
8月17日(金) 11:00 「隠された爪跡」 (監督:呉充功、1983年、58分)
            「払い下げられた朝鮮人」 (監督:呉充功、1986年、48分)
         14:00 「ウリハッキョ」 (監督:金明俊、2006年、131分)
         18:00 「家族シネマ」 (監督:パク・チョルス、1998年、106分)





















在日韓人歴史資料館開設3周年記念 
大阪特別展 「在日100年の歴史を後世へ」

期 間:2008年9月17日(水)~10月5日(日) 
会 場:大阪人権博物館(リバティおおさか)
主 催:在日韓人歴史資料館、大阪人権博物館
入館料:一般250円、大学生・高校生150円(常設展を含む)
     中学生以下・65歳以上・障害者(介助者含む)は無料

在日韓人歴史資料館初の移動展示。在日コリアンの3分の1が住む大阪での展示は開設当初からの企画。100点の展示パネルと500点の各種生活用具・史資料を展示。在日コリアンの苦難と誇りへの道のりを伝える。

◇記念セミナー
日 時:9月21日(日)
13:30~15:00 「朝鮮史研究会から大阪人権博物館へ]
           講師:秋定嘉和 (大阪人権博物館館長)
15:15~16:45 「在日韓人歴史資料館開設の意味と今後の課題」
講師:姜徳相 (在日韓人歴史資料館館長)

日 時:9月27日(土)
13:30~15:00 「在日歴史家として半世紀を語る」
講師:姜在彦(歴史学者)
15:15~16:45 「力道山-海峡を越えた民」
講師:朴一(大阪市立大学大学院教授)

日 時:10月5日(日)
13:30~15:00 「資料から読む在日の歴史」
講師:水野直樹(京都大学教授)
15:15~16:45  「太王四神記の時代-4世紀末から5世紀の東アジア」
講師:鄭早苗(大谷大学教授)

会 場:大阪人権博物館 研修室
参加費:各1000円(学生800円)
定 員:72名(事前申込制)




 


















在日韓人歴史資料館開設4周年記念 
名古屋特別展 「在日100年の歴史を後世へ」

期 間:2009年12月8日(火)~12月13日(日) 
会 場:名古屋市博物館 ギャラリー7
主 催:在日韓人歴史資料館、名古屋特別展実行委員会
入館料:大人200円、大学生100円(18歳未満、70歳以上は無料)

大阪に続く2回目の移動展示。愛知県を中心に東海、北陸地方の写真と史資料を多く展示。
韓国民団愛知県地方本部のパネルコーナー、名古屋三菱・朝鮮勤労挺身隊訴訟を支援する会のパネルコーナーを設ける。

◇記念セミナー
日 時:12月12日(土) 13時~16時30分
会 場:名古屋市博物館 講堂
参加費:500円 (定員:237名、事前申込制)

13:00~14:30 「多文化共生のあやうさ-戦前の豊橋における在日朝鮮人社会をめぐって」
            講師:伊東利勝(愛知大学教授)
14:45~16:15 「敗戦直後、日本の民主主義と在日」
            講師:姜徳相(在日韓人歴史資料館館長)






 


















在日韓人歴史資料館開設5周年記念 
福岡特別展 「在日100年の歴史を後世へ」

期 間:2010年11月23日(火)~12月5日(日) 
会 場:福岡市博物館 特別展示室B
主 催:在日韓人歴史資料館、福岡特別展実行委員会
入館料:大人200円、大学生100円(18歳未満、70歳以上は無料)

大阪、名古屋に続く3回目の移動展示。韓国強制併合100年にあたる年に、今なお強制連行の爪痕が多く残る福岡での展示。博多港は日本の植民地から解放された喜びを胸に抱き、50数万人の朝鮮人が故郷へと帰って行った地でもある。

◇記念セミナー
日 時:12月4日(土) 13時~16時15分
会 場:福岡市博物館 1階講堂
参加費:500円(定員:240名、事前申込制)

13:00~14:30 「戦後を生き抜いたコリアンたち-福岡市での集住とくらし」
            講師:島村恭則(関西学院大学社会学享受)
14:45~16:15 「力道山伝説-金信洛はなぜ日本に渡ったのか」
            講師:朴一(大阪市立大学大学院教授)