展示品解説 展示品解説 < 思い出のソクパジ
展示品解説
お札に表れた侵略性
祖母の手作りミョンベ
生活必需品のヨガン
思い出のソクパジ
本名消された通信簿
東京大空襲の罹災証明書
旅行カバン
手作り太極旗
大阪府朝鮮人登録証
防犯ポスター
協和会手帳と外国人登録証
60年前の建国学校
阪神教育闘争
在日コリアンとパチンコ業
1960年代のバタヤ部落
金文善さんの血書
ブラウン島玉砕者名簿と自由韓人報
戦犯刑務所で使われたタオル
傷痍軍人
崔承喜と孫基禎
映画「君と僕」
幸せ運ぶコッカマ(花輿)
朝鮮トラ

思い出のソクパジ

鄭命運さん(79歳・2005年当時)の手元で60年以上大切に保管された麻布(サンベ)のソクパジ(チマの中に着る袴衣)。年月を経ても変色せず、麻本来の風合いも損なわれていない。1940年代渡日の際に、オモニから嫁入り道具としてミョンベのチョゴリと共に手渡された。
娘たちは、嫁入り前のたしなみとして機織りの知識と技術を代々祖母から母、孫へと教わる。鄭さんも若い頃オモニから習ったが、この手作りソクパジの麻布を「最高の布」と評するようにオモニの技術には追い付くことが出来なかった。
解放後、帰国してオモニとの再会する夢は果たせなかった。愛おしい母につながる思い出のソクパジである。